平成26年 年初にあたり

2014/01/05 1:09 に 佐藤篤 が投稿   [ 2014/01/05 1:13 に更新しました ]


 このページをご覧いただいている皆様、お元気でおいででしょうか。平成26年も、どうぞよろしくお願いいたします。

 今年は区議会議員4年目を迎え、任期4年の実質的な最終年となります。

 これまで、区公式Twitterの導入や、放射線量の測定、老朽家屋対策条例の制定、商店街振興のためのオープンカフェの設置等、様々な政策課題に取り組んできました。

 この一年間は、平成23年の区議会議員選挙で区民の皆様にお約束した公約の実現に向けて、「やるべきことを、必ず、漏らさず、まじめにやる。」そんな一年として最後の作業をしよう、と決意しています。

 とりわけ、私が政治家になるきっかけとなった、経済的事情により学ぶことのできない子どもたちへの学習支援については、最優先課題として取り組む所存です。

 次年度となる平成27年度には生活困窮者自立支援法が施行されます。この中では、自治体が国の支援の下、生活困窮世帯の子どもたちへの学習支援事業を行うことができます。平成26年度は、この準備期間としなければなりません。議会での質疑を通じて、「子どもたちに夢とチャンスを与える」政策を実現したいと考えています。

 添付した写真は、『区議会自民党だより』新年号に掲載した私の今年一年の抱負です。

 引続き、皆様のご支援を賜りますよう、心からお願い申し上げます。

平成26年 年初にあたり
墨田区議会議員 佐藤 あつし