法務博士(専門職)になりました!

2011/03/31 7:09 に 佐藤篤 が投稿   [ 2011/09/13 19:26 に更新しました ]
平成23年3月25日、早稲田大学大学院法務研究科を修了し、法務博士(専門職)の学位を授与されました。とりわけ中心的に研究した、行政法、地方自治法、立法学の知識を生かして、墨田区政の諸課題に取り組んでいきたいと改めて決意しています。

行政官(官僚)は、法律や条例に基づいて行政事務を執行しますが、時に行政に都合のよいように解釈することがあります。それを見抜いて指摘し、真に区民の利益を追求するのは議員の重要な仕事のひとつです。法律・条例を読めないようでは議員は単なるお飾りに成り下がってしまいます。地方議会がこのような役割を果たしえてきたのか、私は甚だ疑問に思っています。

また、これからの時代、区長の提案する予算・条例に単に賛否を示す議会の姿ではいけません。議員は、区民の皆様のご要望を伺いながら、「条例を作る」仕事をしなければいけません。政治家とは英語でLawmaker。「法をつくること」こそ議員の本分であります。よりよい明日の区民生活のための「法をつくる」議員を増やさねばなりません。

私、佐藤あつしは「行政監視」と「法の制定」をしっかり行う墨田区議会を目指しています。大学院で学んだリーガルマインド(法的素養)をしっかりと生かしてがんばります。

法務博士(専門職) 佐藤 あつし


(大隈講堂を背に)



「墨田区ブログランキング」に参加しました。
お読みになられましたら、応援クリックをお願いいたします!
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 墨田区情報へ
にほんブログ村