公正な競争を

 区内事業者の皆様との意見交換の中で、

①従業員を社会保険に加入させていない業者が、区の仕事を受注できる仕組みはおかしいのではないか

②本来条件として付すべきではない条件をつけていることで、実質的に公正な競争を阻害しているのではないか

とのご指摘を受けました。

そこで、具体的に調査を開始し、議会での質問を続けたところ、


①従業員が社会保険に加入していることを区の発注要件に加えました(平成31年4月から)

②実質的な競争性を重視し、当該条件を撤廃することになりました。


 区の仕事については、多くの事業者が受注の機会を確保することができるよう、また(品質を維持しつつ)より安価に発注し、区民の皆様からいただいた税金を効率よく使うことができるよう、公正な競争性が重要となります。


 これからも契約事務を監視し、より区民のため、また事業者の活力につながる提案を続けていきます。


 ぜひ、ご意見をお寄せください。

10回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

23区議員からみた大阪都構想・雑感

(1)なぜ市を無くして自分たちで自分たちの権限を無くすのかという疑問 23区の議員としては、財源を大きく都区財政調整制度(※1)に依存していることから、常に東京都に対する依存財源であり、この取り分をめぐって、長らくの抗争を続けてきました。地方分権の中で、区に権限がどんどん下りてきても、なかなかこの額が増やされずに、困ってきました。 そういう意味では、なぜ大阪市を壊して、わざわざ東京みたいに大阪「都

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Instagram Social Icon