国民の皆さんへのお願い

一昨年、アメリカに渡り(ジョージタウン大学日米リーダーシッププログラム)、学んだこと。


オールドメディア(TV・新聞)への批判

ニューメディア(振興TV局・ネット)の台頭

★「オールドメディアは嘘ばかり報じている」との言説

世論の先鋭な対立

為政者による世論分断の利用

センセーショナルな扇動と排斥

排他的な首長の誕生


これがいま世界的な政治の流れになっています。


コロナ禍で、さらにこの流れが加速していると感じています。


国民の皆さんにおかれましては、メディアや、皆さんの国や地域の政治的リーダーを今一度、この尺度で評価してみてください。そして自分がいまどこにいるかを適切に把握していただきたいのです。


そして、メディアや為政者(私も含めて)は、このことに気付き、それぞれの立場で自省してみていただきたいのです。


私はこれに抗う行動を進めています。


世論の統合を目指し、国民の包摂を目指す政策。これこそ本当に国を足下から強くするのだとの信念をもっています。


国民の分断は簡単です。そして一夜にして人気もとることができます。


しかし政治家は遠い日本の将来を考えたとき、正念場であるように感じます。






168回の閲覧

最新記事

すべて表示

23区議員からみた大阪都構想・雑感

(1)なぜ市を無くして自分たちで自分たちの権限を無くすのかという疑問 23区の議員としては、財源を大きく都区財政調整制度(※1)に依存していることから、常に東京都に対する依存財源であり、この取り分をめぐって、長らくの抗争を続けてきました。地方分権の中で、区に権限がどんどん下りてきても、なかなかこの額が増やされずに、困ってきました。 そういう意味では、なぜ大阪市を壊して、わざわざ東京みたいに大阪「都

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Instagram Social Icon