コロナ禍における政治家の責任


経済学的に失業率と自殺率の高い相関性がある中、


<コロナ予防で防げる命><失業対策で防げる命>


は、どちらも等しいかけがえのない命であることを忘れてはならない。


未知のウイルスでワクチン接種も始まっていない中、

・医療関係者→万全のコロナ予防を求める

・経済関係者→万全の経済対策を求める


これは当然の論理である。


この中で、政治の決断としては、両方を取る道しかない。


Go to イート、Go to トラベルなど、経済を動かす方策を推進しつつ、状況を見て、抑制したり、再びアクセルをふかしたり、絶妙なバランスでやっていくしかない。


どちらも現時点で正解はない。


政治家として「ゼロリスク(感染完全防止)は取り得ないこと、その上で、最善のリスクマネジメントをしていくから、国民各位においてはどうか理解して欲しい。そして協力してほしい。」と力強いメッセージを述べるしかない。


そして、その具体的方策を国民に丁寧に説明して、それならば協力しようと、国民を心から動かすしかない。


今、それができるのは、政治家しかいない。国のリーダーも自治体のリーダーも、今その役割を最大限に発揮すべき時期にあると考えている。あなたの街のリーダーが今どこを目指して執政しているのか、ぜひ監視していただきたい。


私は一介の地方議員に過ぎないが、少なくとも私が関係する範囲では、その役割と結果責任を負うつもりで発言と提案をしてきたし、これからもその覚悟である。

138回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

23区議員からみた大阪都構想・雑感

(1)なぜ市を無くして自分たちで自分たちの権限を無くすのかという疑問 23区の議員としては、財源を大きく都区財政調整制度(※1)に依存していることから、常に東京都に対する依存財源であり、この取り分をめぐって、長らくの抗争を続けてきました。地方分権の中で、区に権限がどんどん下りてきても、なかなかこの額が増やされずに、困ってきました。 そういう意味では、なぜ大阪市を壊して、わざわざ東京みたいに大阪「都

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Instagram Social Icon