私の議員活動の制限に関するお知らせ(10月中旬まで)



長女(2歳)が入院(コロナではありません)することに伴いまして、小児のため、私が同室付添いとなりました。私の議員活動を考え、当初妻の同室を考えましたが、授乳中の次女(0歳)の同室はコロナ対策のため不可ということで、0歳児の世話を考えると母子分離は困難となり、父親である私が担当することになりました。


コロナ対策のため、一度同室すると一切の外出は不可となり、退院までの約2週間、病院に留まらざるを得なくなりました。


このため、9月30日の本会議・決算特別委員会(正副委員長互選)、10月6日の区民福祉委員会区内施設調査は欠席となり、その他区民の皆様とお会いする全ての行事について欠席とさせていただきます。


議員11年無欠席で貫いてきましたが、無念の欠席となります。区民を代表する立場にありながら議決態度を示せないことを大変申し訳なく思います。


他方で、長女にとっては私にしかできない役割であるため、区民の皆様におかれましては、育児休業の一環としてご理解をいただけますと幸いです。


木内議長・加藤幹事長・はねだ区民福祉委員長はじめ先輩・同僚各氏の温かいご理解をいただきまして、当面、娘の快癒に向けて育児に専念させていただきます。


なお、病院内にテレワーク環境を構築しましたので、本会議以外の委員会、自民党会議、区民の皆様・役所との電話・メール・オンライン会議は問題なくすることができます。


区民相談もこれまで通りお受けすることができますので、どうぞご遠慮なくお声かけくださいませ。




533回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示