文花に芝生広場とじゃぶじゃぶ池ができます!



 千葉大学・iU情報経営イノベーション専門職大学の開学で注目される、墨田区・文花地区。

 このたび、隣接するあずま百樹園(都市公園)の改修工事が行われることとなり、テニスコートも近隣へ移転し、再整備することが決まりました。

 その中で、加藤拓・幹事長を中心に、自民党でも運動してきた、じゃぶじゃぶ池の整備方針が示されました。私としても地元に設置されるよう、議会質問を重ねてきました。

 このじゃぶじゃぶ池は、ソラマチにあるようなフラットなものを予定しており、冬季は広場として広く使える配慮もなされています。

 また、近くに保育園・幼稚園・子育てひろばがあることから、低年齢児用の固定遊具を設置します。

 千葉大学の研究室が、移動式遊具の研究を行なっており、あずま百樹園でも、社会実験がされる予定で、こちらも楽しみにしてくださいね😃



※詳細は、今後の議会で審議され、予定が変更される可能性があります。

 


▶︎記事の感想やご意見、ご質問など、お気軽にお寄せください。

佐藤あつしLINE公式アカウント または メール まで


▶︎下記、LINE友だち追加で、随時、コロナ対策をはじめとする区政情報を発信していますので、ぜひご登録ください。こちらから直接、区民相談もできます。

▶︎コロナワクチン空き情報は、すみだ安全・安心メールに登録すると発信されます。併せてご登録ください。 →s.sumida-city@raiden2.ktaiwork.jp へ空メールまたは、下記の画面を読み取ってください。

閲覧数:599回0件のコメント