top of page

節分豆を5歳以下に与えないで!

 本日は節分ですね👹鬼はー外!と行きたいところですが・・・


 消費者庁では、死亡事故を含む重大事故につながる恐れがあるため、節分豆は5歳以下には食べさせないよう、呼びかけています。


 私が会長を務める「子どもの事故予防地方議員連盟」(超党派・全国約80名の議員で構成)でも、この動きに連動し、全国の自治体議会で、保育園・幼稚園での「節分豆を使った豆まきの中止」を提案してきました。


 私も議会で提案し、墨田区内では「風船や新聞紙を使った擬似的豆まき」に転換しています。ちょっと残念かと思われるかも知れませんが、毎年節分豆を詰まらせた死亡事故が起きており、子どもたちの命を守るため、大切な取組みだと思っています。


◎昨年朝日新聞に取り上げられた、私たちの活動

 ※小梅保育園さんのご協力をいただきました

 ※添付写真は朝日新聞より転載


一般社団法人日本ピーナッツ協会にも要請し、さっそく大手企業のでん六さんに、商品の表記を変更していただきました(少なくとも4際未満は食べさせないでと表記)。



 大人が見ていても、豆まき中に、興味本位で食べてしまう事例が相次いでいます。ぜひご理解をいただきまして、5歳以下のお子様、お孫様のいるご家庭では、どうぞ豆を使わない豆まきをお願いいたします。




 

 記事の感想やご意見、ご質問など、お気軽にお寄せください。

下記、LINE友だち追加で、随時、コロナ対策をはじめとする区政情報を発信していますので、ぜひご登録ください。こちらから直接、区民相談もできます。


コロナワクチン空き情報は、すみだ安全・安心メールに登録すると発信されます。併せてご登録ください。 →s.sumida-city@raiden2.ktaiwork.jp へ空メールまたは、下記の画面を読み取ってください。

閲覧数:175回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page