top of page

都立高校受験に影響!?中学校の内申点の付け方を改めよう!ー子どもたちの成績は正しく絶対評価でー



 先日、墨田区の中学校の内申点は、実技が比較的低いので改善が必要だ、という記事を書きましたら、保護者や生徒はもちろん、現場の教員から大きな反響がありました。


 墨田区では学力テストをやると、年々成績が上がってきていると報告を受けてきましたが、しかし、進学実績にそこまで反映されていない。それはなぜなのでしょうか。


 学習指導要領では、内申点は「絶対評価」で行う、とされていますが、実際には、保護者や生徒から「うちの学校は相対評価でやっていると言われた。」という声が入ってきました。


 こうしたお声を聞いているうちに、中3の内申点が都立高校受験に使われる結果、成績の良い子が集まる学校では相対的に内申点が低くなり、結果、受験に不利に働いてしまっているのではないか、という懸念が湧き上がりました。


 さて、それではなぜ、絶対評価でつけるべき内申点が、事実上、相対評価となってしまっているのでしょうか。


 東京都教育委員会では、都内の公立中学校が異常に高い成績をつけていないか、また逆に低すぎる成績をつけていないか、各市区町村教育委員会に調査依頼をかけています。また、これを受けて、各市区町村教育委員会は、各学校長に対して、同様の調査依頼をかけ、各学校長は、各担任に報告を求めています。


 この調査があることにより、各市区町村教委は「高すぎる成績をつけると都教委に何か言われるのではないか」と思い、各学校長は、「高すぎる成績をつけると区教委に何か言われるのではないか」、さらに、各担任も「高すぎる成績をつけると学校長に何か言われるのではないか」という雰囲気を醸成していると、現場の教員から伺いました。


 さらに、墨田区では、校長会で設定した独自の追加調査項目があり、さらに現場を萎縮させる可能性のある内容となっていました。


 そこで、議会で、この①追加調査項目の廃止、②区教委から絶対評価をしっかりと行うよう、各学校長に通知すること、を求めました。


 これに対して、教育長が①追加調査項目の廃止を明言され、②改めて内申点の趣旨をしっかりと各学校長に知らせることとなりました。


 またさらに、内申点について説明責任を果たすため、成績をつける前に、生徒・保護者に対して、その基準をしっかりと示すこととなりました。


 学習指導要領は、法です。そこに絶対評価と書かれているわけですから、全国の中学校がこれを守るべき法的義務があります。相対評価で行う、などということは許されないのです。


 墨田区立中学校においても正しく絶対評価がなされ、頑張った子どもたちが正当に評価され、受験できるよう、議員として努力していきます。


 

記事の感想やご意見、ご質問など、お気軽にお寄せください。

佐藤あつしLINE公式アカウント または メール まで

下記、LINE友だち追加で、随時、コロナ対策をはじめとする区政情報を発信していますので、ぜひご登録ください。こちらから直接、区民相談もできます。


コロナワクチン空き情報は、すみだ安全・安心メールに登録すると発信されます。併せてご登録ください。 →s.sumida-city@raiden2.ktaiwork.jp へ空メールまたは、下記の画面を読み取ってください。

閲覧数:436回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page